受話器の手垢は、勇気の証 どうか1分だけ、僕の話を聞いてください

彼の一日はテレアポで始まり、彼の一日はテレアポで終わる。来る日も来る日も電話口で嫌な顔をされ、担当者に断られ、もうかけてくるなと怒鳴られる、そんな毎日だ。鋼の心?そんなの虚勢かもしれない。だって彼の受話器はいつも緊張で手汗まみれだ。

断られても、怒鳴られても、それでも彼は決してめげない。リンクフォースは顧客を必ず幸せにすると、心の底から信じているからだ。

辛い役回りだけれど、彼がいるから新しい出会いがあり、新たな物語が始まるのだ。だから自分を信じて、勇気を振り絞って、今日も彼は受話器を握る。

facebookページを見る

呼んで話してみる